FreeMind早わかりサイト
フリーソフトFreeMindを今すぐ始める使い方早わかりサイト

2011/4/26 更新

1.「環境設定」ダイアログボックスを表示させる

FreeMindの環境設定は、[環境設定]ダイアログボックスで行います。
[環境設定]ダイアログボックスを表示させるには、[ツール]メニュー → [環境設定]と進みます。
[環境設定]ダイアログボックスは、左にメニュー項目があります。バージョン0.9.0では、上から[環境][デフォルト][画面表示][キー設定][動作設定][HTML][スクリプトの記述][自動レイアウトパターン]の順に配置されています。このメニュー項目をクリックして、右側の表示を切り替え、設定を変更し[保存]ボタンをクリックして、設定を完了する手順です。
環境設定の情報は、「コンピューター」→「Windows(C:)」→「ユーザー」→「(FreeMindをインストールしたユーザーのフォルダ)」→「.freemind」フォルダを開き、「 auto.properties 」というファイルにテキストとして記録されています。

2.文字サイズを大きくする ショートカットキーを変える 

FreeMindのショートカットキーは、[ヘルプ]メニュー → [キー操作一覧(PDF)」で「FreeMind キー操作 印刷クイックリファレンス」が表示されます。まずはそちらをご覧ください。

デフォルトのキー設定をみてみると、パソコンの環境に合わなくて全く使えないものがあります。一例として、「文字サイズを大きくする」というショートカットキーの設定があります。
「文字サイズを大きくする」 キー設定はCtrl+Equals(=)で、 これは日本語キーボードではできません。「文字サイズを大きくする」 という操作を、ショートカットキーでも行ないたいのなら、キー設定を変えなくてはいけません。

 1) 割り当てるキーを決める
割り当てるキーは、他とかぶらないキーであれば自由に決められます。
3つ上げてみました。どのキーが相応しいでしょうか?
(案1) CADソフト風にする。
【文字サイズを大きく】 Ctrl+テンキーの+
【文字サイズを小さく】 Ctrl+テンキーの- 
(案2) PhotoShop風にする。
【文字サイズを大きく】 Ctrl+Shift+「 > 」
【文字サイズを小さく】 Ctrl+Shift+「 < 」
(案3) デフォルトの 【小さく】 Ctrl+Minus(-) なので、Shiftを加えることにして。
【文字サイズを大きく】 Ctrl+Shift+Minus(-)
【文字サイズを小さく】 Ctrl+Minus(-)
(案3)の【文字サイズを大きく】 Ctrl+Shift+Minus(-) にしてみました。

 2) キー設定を変える手順
 [ツール]メニュー → [環境設定]と進み、「環境設定」のダイアログを表示させます。
FreeMind 環境設定ダイアログボックス
[ キー設定] →スクロールして [文字サイズを大きく]を探し、[ Control EQUALS ]ボタンをクリックします。
FreeMind 新しいキー入力を行なうダイアログ
実際に、設定したいキーを押します。ここでは、Ctrl+Shift+Minus(-)を押しました。
間違えたら[消去]ボタンを押してやり直し、良ければ[OK]をクリックします。
FreeMind 新しいキー入力を行った後の表示
(拡大図)
ボタンの表示が上図のように変わりました。[保存]ボタンをクリックして、設定内容を保存します。
設定の保存、再起動後に有効
確認する画面で[了解]をクリックして完了。再起動後に設定が有効になります。

※キー設定を初期値に戻すには、普通ならデフォルトのキーをあらためて押して設定すればよいのです。しかし今回の場合は、日本語キーボードではキーを押せませんので、面倒ですが環境設定ファイルを開いて設定箇所を削除して戻しました。

・エクスプローラーで「コンピューター」→「Windows(C:)」→「ユーザー」→「(FreeMindをインストールしたユーザーのフォルダ)」→「.freemind」フォルダを開く。
・「 auto.properties 」というファイルを「メモ帳」などのテキストエディタで開く。
・「keystroke_node_increase_font_size=control shift MINUS」という1行を削除して閉じる。

以上で初期設定に戻りました。

3.自動レイアウトの設定をカスタマイズする

バージョン0.9.0からは、自動レイアウトをカスタマイズできるようになりました。

自動レイアウトの設定ダイアログの表示

[ツール]メニュー → [環境設定]と進むと、[環境設定]ダイアログボックスが表示されます。ダイアログの左に並ぶメニュー項目の中から[自動レイアウトパターン]をクリックします。ダイアログの右エリアが、パターン/自動レイアウトスタイルとなります。ルートノードから階層順に設定項目が文字列で表示されます。
初期設定値を記録しておきました。ちなみに、色はノードの文字色です。線のスタイルは、デフォルトで「直線」で、「sharp_bezie」は「鋭いベジェ曲線」、「bezie」は「ベジェ曲線」のことです。
ルートノードの書式 :
 +色(#000000), +文字サイズ 20

1階層目のノード書式:
  +色(#0033ff), +文字サイズ 18, +線のスタイル sharp_bezier, +線の幅 8

2階層目のノード書式:
  +色(#00b439), +文字サイズ 16, +線のスタイル bezier, +線の幅 thin

3階層目のノード書式:
  +色(#990000), +文字サイズ 14

4階層目のノード書式:
  +色(#111111), +文字サイズ 12

文字サイズ、文字色のバランス、線のスタイル

自動レイアウトの設定を変更する

自動レイアウトの設定を変更してみます。
たとえば、1階層目のノードについて、「囲み」と「背景色を黄色」にするとします。
[ツール]メニュー → [環境設定] 、 [環境設定]ダイアログボックス の [自動レイアウトパターン]と進みます。
1階層目のノード書式+色 +文字サイズ 18 ・・・・という文字列をクリックします。
[パターンの変更]というダイアログボックスが表示されます。
ノードの背景色を黄色の設定にするには
1の変更をクリックして「+」表示にして、2をクリックして、表示されるカラーパレットで色を選びます。
ノードスタイルを「囲み」の設定するには
3の変更をクリックして「+」表示にして、4をクリックして、「囲み」を選びます。
確認する画面で[了解]をクリックして完了。書いてある通り、再起動後に設定が有効になります。

1階層目のノードの自動レイアウトが変更になりました。

スポンサーリンク


Copyright © 2011-2016 FreeMind 007 All Rights Reserved
inserted by FC2 system