FreeMind早わかりサイト
フリーソフトFreeMindを今すぐ始める使い方早わかりサイト

2013/6/8更新

準備では、FreeMindのダウンロードとインストールについてご紹介します。

1.FreeMindの入手 ダウンロード

 (2012/8/8現在)

FreeMindは、オープンソース・ソフトウェアの開発とダウンロードのサイトsourceforge.jp から、ダウンロードして入手します。 

URLは http://sourceforge.jp/

おすすめから探す」の中から
 「文書作成」アイコンをクリックし
 FreeMindのリンクをクリックします。
FreeMindの「概要」のページが表示されます。
 WindowsのPCを使っていて、Javaについては最新版で良い場合は
「Windows FreeMind-Windows-Installer-0.9.0-max-java-installer-embedded.exe 」をクリックします。
IEの情報バー(IE9の場合)が表示されて、ダウンロード・インストールの作業をどのように行うかの確認します。「実行」をクリックすると、ダウンロードして、続けてインストールが行われます。
インストールの作業手順は、後述の「FreeMindのインストール」をご覧ください。



Javaは何も変更したくない場合には、「ダウンロードファイル一覧」のページへ行きます。
スクロールダウンして、「リリースファイル一覧」を見ると
「最新ファイル」の項目では、すべてバージョン番号1.0.0_Alphaのアルファ版となっています。

当サイトでは「安定版」をおすすめします。ここではアルファ版を選ばないことにします。。
「その他全ファイル」の項目では
最初のフォルダは「freemind-unstable」です。これは”unstable”は「不安定版」ということです。
ここでも不安定版を選ばないことにします。

「安定版」は2番目の「freemind」フォルダにあります。
 「freemind」フォルダをクリックして開きます。

 安定版の中で最新のものは「0.9.0」ですので、「0.9.0」フォルダを開きます。

多くの項目からなる一覧の中から
ここでは、Java のインストールが必要か否かで、次のどちらかを選びます。

●Javaのバージョン4以上が入っていて、Javaについては何も影響なくインストールを行ないたい場合は、「 Javaなし インストーラー」の方をダウンロード・インストールします。
※ 最大構成を表すmaxの付いたインストーラーの方が一般的です。
  FreeMind-Windows-Installer-0.9.0-max.exe

●Javaのバージョン4以上が入っていない場合は、「Java付 インストーラー」の方をダウンロードします。
※ よくわからない場合は、このページの後の方に記載した、「Javaのバージョンを確認する」をご覧ください。
※ 2013.6現在 Javaの最新バージョンは Java 7です。
  FreeMind-Windows-Installer-0.9.0-max-java-installer-embedded.exe

以降、画面にしたがってダウンロード作業を進めます。

2.FreeMindのインストール

ダウンロード終了後、引き続きインストール作業を始まります。表示される画面にしたがって、作業を進めると以下のような流れになります。

1) [実行]ボタンをクリックしてインストールを開始します。
2) ユーザーアカウント制御(UAC)機能がオンになっているパソコンの場合は、上図のダイアログで[はい]ボタンをクリックします。
3) インストール時に画面に表示される言語を選びます。
日本語はありませんので、「English」のままで[OK]ボタンをクリックします。
4) [ Next >]をクリックします。
5) [ I accept the agreement ] が選ばれていることを確認して、[ Next >]をクリックします。
6) [ Next >]をクリックします。
JREが1.4以上なのかという意味の確認です。
7) [ Next >]をクリックします。
FreeMindをインストールする場所についてです。このままならばCドライブ->Program Filesの中FreeMindフォルダを作ってインストールされます。
8) スタートメニューに「FreeMind」の項目を作るかどうかの確認です。
そのままなら作ります。
9) アイコンについて、デスクトップアイコン、およびクイックランチを作るかという確認と、拡張子.mmのファイルをFreeMindで開く関連付けにするかという確認です。
10) 自分の好みで、クイックランチのチェックを外して、[ Next >]をクリックしました。
11) 以上までの設定の確認画面です。[ Install ]ボタンをクリックします。
12) インストールが始まります。数十秒で完了します。
13) 作者や貢献者に敬意を表して、[ Next >]をクリックします。
14) 最後に[ Finish ]をクリックして完了です。

3.Javaの実行環境が必要

FreeMindは、Javaの実行環境、Java Runtime Environment(JRE)が必要です。JREがあれば、Windowsだけでなく、MacOSやLinuxなどのOSでも動きます。


Javaのバージョンを確認する

必要なJREのバージョンは、JRE1.4以降です。そこでJavaのバージョンを確認する方法は次のとおり。
[コントロールパネル] → [プログラム]と進みます。
「Java」という項目があれば、Javaがインストール済です。 クリックして「javaコントロールパネル」が表示されます。
 インストールされていないならば、Javaをインストールするか、FreeMindをインストールするときにJava付きのインストーラをダウンロード・インストールするかします。
「Javaコントロールパネル」の[基本]タブの製品情報の項目のなかに[バージョン情報]ボタンがありますので、クリックすると
JREのバージョンが確認できます。「Java 7」(2013/6現在)と確認できました。


Javaをダウンロード、インストールする

>> 無料 Java ソフトウェアをダウンロード http://www.java.com/ja/download/

「無料Javaのダウンロード」のアクアボタンをクリックしてダウンロード→インストールを始めます。

スポンサーリンク


Copyright © 2011-2016 FreeMind 007 All Rights Reserved
inserted by FC2 system